■沿革

・ライフル射撃競技は第1回オリンピックから正式競技になっており、世界的に
 競技人口の多い競技です。

・残念ながら日本では、法律の関係上、簡単には銃を所持できませんが・・
・ライフル射撃競技は、大きく分けてライフル競技とピストル競技に別れます。

・実弾を使用したライフル射撃競技は、銃の取得で銃刀法に適しないと 所持できません。近年、日本では光線銃を使用したライフル射撃競技が発達し 誰でも気軽に撃てるようになりました。

・精度があることより国体の競技種目にもなっています。

・特にデジタルピストルの普及に上部団体である日本ライフル射撃協会が
 力を入れ、少年からの教育に着手しました。

・初心者はデジタルピストル、デジタルライフルを経験した方がよいでしょう。

・ライフル競技は、的を狙って引き金を引けば弾が出るので、誰でも撃てますし、 男女差が無くまた年も関係もありません。

・単純なので、ルールは安全を第一に国際規準があり、競技内容と 事故防止に努めています。その結果、骨折や衝突等の事故も無く、 射撃する場所の限定とルールに従うことにより試合中の事故はありません。

・また競技、練習は1人で出来る利点もあり、やる気さえあればできる競技です。 体力的には、基礎体力でよく、体重差、背の高さは関係なく競技できます。

・実質的には集中力と持続性が鍛えられます。















































■事務局
住     所 〒417-0051  富士市吉原1-1-20
氏     名 武嶋  茂
電     話 0545-52-2124 Fax52-3124
勤  務  先  図書印刷
携 帯 電 話 090-2136-4224
Email  takesima__si@tx.thn.ne.jp










































■関連リンク