本文へスキップ

スポーツ感動の写真展photo

■ご案内

     
「スポーツ感動の写真展」
暫時中止のお知らせ。

毎回多数のご応募有難う御座いました。
スポーツの感動をたった1枚の写真に表現する、難しさと技術。一瞬にして場面が移る流れの中で其の感動の一瞬を形として残す写真と言う遺物。お蔭さまで此の企画が大勢のギャラリーに好感を呼び、主催者としてこの上ない喜びを感じ、応募して戴いた皆様に心から感謝申し上げます。
然し一般的な写真コンテストと違い、スポーツ感動の写真、をテーマに挑戦するのは物理的、時間的負担が多いと言う意見も聞かれました。
歓迎する意見も有る中、応募に負担を強いるなどを考慮して、暫く中止する事に致しました次第であります。
今後再開ある場合はご協力宜しくお願い申し上げます。

2018年1月 広報委員会
  ■第7回・平成29年度 入賞作品紹介(一部傑作の作品を掲載して有ります)
多数のご応募有難う御座いました。
9月13日 審査委員会に置いて審査が終了致しました。
撮影技術もさることながら「感動」を主体に審査させて戴きました。ご理解の程宜しくお願い申し上げます。
入賞者の方には富士市体育協会から賞品並びに記念品をお送りさせて戴きます。
 20170921
       


富士市体育協会会長賞
佐野 登様
「親心」


腕白相撲の3年生の部。
土俵際の浴びせ倒しに近くに居た親の手が・・・。




富士市長賞
斉藤伸也様
「勝利の瞬間」

富士川のキウイマラソン。
練習の甲斐あって優勝。
親子の絆は一層深まった事だろう。



富士市振興公社賞
高橋正雄様
「パワー全開」


小学校運動会。
3年生が4人でダービー競技で走っている時、力いっぱい頑張っている姿を撮りました。



佳作
古澤正宏様
「気合を」

高校野球の応援席で女子の応援団長を見つけました。
所作が大変綺麗で、気合をグランドに送り込んでおりました。



佳作
斉藤伸也様
「あっ.ボールが」

市民運動会のボール運び競走。
ボールが飛び出た瞬間を撮る。



佳作
佐野 登様
「食欲の秋」

市民運動会のパン食い競走。
重水パンにイライラするが、そこは食欲勝ちました。



佳作
池田登志江様
「オリンピックを目指す子等」

中学年強化練習。
高橋尚子先生を迎え、和気あいあいと練習に励む子供達。



佳作
寺田信夫様
「スタート待ち」

選手らのスタート前のわずかな時間のウォーミングアップ。
それぞれの選手が何を思っているのか知りたい一瞬である。


■第6回・平成28年度 入賞作品紹介
■写真展のご応募有難うございました。
■審査会は9月21日 富士市教育プラザに於いて審査委員会の厳正な審査に依り決定致しました。
 一枚の写真に全ての感動を表現する事のむずかしさ・・其の世界を見事に捉え、見る人に感動を
 与えた写真を選択させて戴きました。
■表彰式(上位3賞)は10月21日(金)ロゼシアターで挙行されます。
 佳作の方は追って祖品を送らせて戴きます。
 
 尚出品作品の中で傑作と思われるものを下記スライドでご紹介いたします。閲覧下さい。
   


富士市体育協会会長賞
磯野藤子様
「挫折と期待」

もう駄目、デモやりたい””
何度挑戦してもうまくいかないもどかしさ・・
何とも言えない表情が見る人の目を引く作品
市民エンジョイスポーツディの
弓道体験教室の一コマです



富士市長賞
古澤正宏様
「童心にかえって」


地区体育祭の一コマ
真剣の表情は童心その物・・
目の輝きがボールを受けとる真剣さに現れ、童心に帰った姿をうまく捉えて居ります



富士市振興公社賞
佐野 登様
「富士を駆ける」


6号目の急坂を平地のごとく駆け抜ける富士山駅伝大会の一コマ
富士山をバックにカメラをセットし 鳥の様に舞う姿を狙ったベテランの作品



佳作
関 嘉之様
「友情」


他のチームの選手達が応援する微笑ましい姿に感動!
遅れてゴールする選手の気持ちを分かる清々しい光景です
感動がひしひしと伝わってくる傑作です



佳作
池田登志江様
「無念の繰上スタート」


大学女子駅伝の一幕
仲間のタスキを引き継ぐことが叶わず無念の繰り上げスタート
自分のチームを今か今かと待つ選手と中継所の緊迫した雰囲気を感じさせます



佳作
鈴木政美様
「一瞬の出来事」


日本武道館で行はれた
全日本少年少女空手大会
静岡県代表選手の一瞬の勝負
瞬間の一撃が勝負を分けた



佳作
荻田長蔵様
「絆のバトンタッチ」


町内会の運動会
年齢対抗リレーの一幕
町内の声援を背中にバトンを渡す
自分の責任を果たせた安堵が伝わってきます
カメラに自信の有る作品と感じます







 ■第5回・平成27年度 入賞作品紹介
■写真展のご応募有難うございました。
■審査会は9月16日 吉原まちづくりセンターに於いて審査委員会の厳正な審査を行いました。
 下記公表いたします。
 尚出品作品の中で傑作と思われるものを下記スライドでご紹介いたします。閲覧下さい。
 

富士市体育協会会長賞
斎藤伸也様

富士市長賞
池田登志江様

富士市振興公社賞
荻田長蔵様
 「親子の絆」
キウイマラソン。満面の微笑みでゴール、大きな仕事を達成した親子の感動が伝わってくる写真です。
「エイ・エイ・オー」
田子の浦OMから富士山頂往復マラソン・・
過酷なレースのスタートです。
田子の浦漁港
 「追憶」
青春を野球に没頭した60年前の高校時代を追憶。身体を乗り出してネットを握りしめる・・何とも言えない郷愁を感ずるシーンです。
  

佳作
関 嘉之様

佳作
遠藤里美様

佳作
佐野 登様
 「あと一歩」
新競技 アルティメット富士大会の最中、防戦叶わず相手方にゴールを許した悔しい瞬間・・
「 一本のたすき」
思いの詰まった一本のたすき。たすきを受ける選手の力強い腕とたすきを渡す安堵感が伝わってきます。
 「富士登山駅伝」
世界文化遺産の富士山、そこに熾烈な戦いのドラマが有りました・・。
御殿場太郎坊近辺
  
佳作
遠藤 徹様
佳作
矢崎義烈様
「はっけ よい」
末は大関・横綱を目指して力いっぱい踏ん張って・がんばってま〜す。
 「やっと打てた〜!」
足元にだけしか飛ばなかった打球がコーチの一言でやっと打てた・・感涙


■第4回・平成26年度 入賞作品紹介      
■写真展のご応募有難うございました。
■審査会は9月4日 市役所8階にて広報委員会(審査委員会)と専門家のアドバイスを戴きながら
 応募40点余りの中から下記掲載9点が選出され、この中から「富士市体育協会会長賞」「富士市教育長賞」「富士市振興公社賞」関係者に依って審査し決定いたしました。
規則により他の5点を佳作と致しました。



富士市体育協会会長賞
斎藤伸也様


富士市教育長賞
鈴木政美様


富士市振興公社賞
関 嘉之様


佳作
遠藤 徹様


佳作
新谷千鶴子様


佳作
佐野 登様


佳作
池田登志江様


佳作
遠藤里見様




お問合せは  電話0545(53)6045  メール Eメール sport@fuji-taikyo.jp

富士市体育協会

〒417-8601
富士市永田町1-100

TEL 0545-53-6045
Fax 0545-57-0177
Eメール sport@fuji-taikyo.jp

Eメール sport@fuji-taikyo.jp
 MailQR







アクセスカウンター